地元の貢献したかったので薬剤師求人に応募

薬局に就職

薬局に就職 : ドラッグストアの薬剤師の大きな強み : 専門家としての私の役割

私が大学を選ぶ時代はひどい就職難でしたので理数、科学系で資格が取れるということで、薬学部を選びました、もともと英語と数学が得意ではなかったので、入学後は周りが優秀な学生ばかりで苦労しました。
大学では臨床の研究室を目指したのですが、希望者が多くみんな譲らないので衛生科学講座で免疫学の勉強をしました。
しかしやはり臨床にかかわりたいという気持ちがありました。
そして薬剤師という医療従事者として、患者さんに貢献したいと思い薬局に就職しようと考えたのです。
私は北海道の出身なので、地元に地盤がある企業に就職したかったのです。
北海道という地元に少しでも自分が貢献できればとも思いました。
そして私は大学を卒業後、株式会社ツルハが求人を行っていましたのでこの会社に就職することにしました。
この会社は薬剤師でも新入社員研修後、薬剤師でも処方箋にのっとって医療用の医薬品を調剤する調剤担当と、OTC医薬品を店頭で販売する店舗販売担当に分かれ配属別に研修を受けるシステムになっていました。
私は調剤担当となりました。
新人のうちは札幌市内の内科の門前、旭川の内科、耳鼻科、精神科の門前の薬局にローテーションで勤務して経験を積みました。